専門的な知識や技術が必要

大学生

医療の資格を取得したい

将来医療関係の職業に就きたいと考えている人は多いです。医療関係の仕事と一口に言っても数多くあり、資格を取得しなければ遂行できない業務もあります。このため大学や専門学校に進学して勉強する必要があります。数ある資格の中でも最近人気があるのが、診療放射線技師です。診療放射線技師とは医師や歯科医の指導の下で、レントゲン撮影や放射線治療を行う専門家のことです。健康診断や歯医者さんの治療でレントゲン撮影は一度は経験されていると思いますが、診療放射線技師は非常にニーズが高く、就職先も豊富なのが人気の理由です。診療放射線技師になるには大学や専門学校等で文部科学大臣指定の学校又は厚生労働省指定の診療所で所定の科目を3年間以上履修して修了した後、国家試験を受けて合格すれば取得できます。短期間で取得を目指すなら専門学校が良いですが、基礎からじっくり学びたいのなら大学で学ぶのが良いでしょう。大学の選び方ですが、まずは立地です。できるなら自宅から通学可能な大学を選べば費用が安くすみます。また診療放射線技師の合格率の高い大学であることも大切です。合格率の高い大学は、合格に向けて試験対策を熱心に指導してくれている場合が多いので、事前に調べておいて下さい。更に就職率の高い大学かも調べておきましょう。就職率の高い大学は受験指導だけでなく、就職に向けた実技指導にも力を入れてくれるところが多いです。就職後即戦力として働けるよう指導が充実しているかも基準にして下さい。