教育で変える子どもの未来|ワクワク学習教室

Education

選び方を知る

塾のこれからの授業形式

これから塾は二極化していくでしょう。 今までのスタイルは「集団授業形式」でした。 昨今現れたのがトップ講師を授業を自分のペースで見れる「映像授業形式」です。 映像授業形式は誰でもトップ講師の授業を受けることができます。しかし「映像授業形式」の弱点は、その講師の授業についていけない生徒のフォローができないことです。 そしてそんな生徒達が行くのが「個別指導形式」です。この形式は個人のレベルに合わせてくれます。 つまり、これからは「集団授業形式」は減少していくでしょう。 「映像授業形式」と「個別指導形式」が増加していき、この2つの授業形式が主体となっていくことが予想されます。 これからほぼ間違いなく、この傾向になるでしょう。

選ぶに際にこれをみよう

塾の授業形式が変わっていく中での塾選びの注意点は大きく2つあります。 1つめは「自分の子どもの適性を知ること」です。保護者は大体、子どもの成績を上げたくて塾に入れます。そして、より上位にしたいとも思っています。 「じゃあ、映像形式の塾にいれよう」となりますね。しかし、映像授業についていけない子どももいます。成績はみるみる下がっていきますね。 子どもが映像授業についていけるかの適性を知ることは非常に重要になります。 2つめは、「たくさんの塾に行きましょう」ということです。これは「たくさんの塾の体験授業を受けましょう」ということです。その中で、子どもに合った講師や雰囲気の塾を見つけていきましょう。学校と違い、塾は講師を指名したりすることもできます。 大切なのは、子どもの力を最大限に引き出してくれる塾を探すことです、

Copyright© 2015 教育で変える子どもの未来|ワクワク学習教室 All Rights Reserved.