医療現場で働く技術者

ウーマン

機器操作のエキスパート

医師を筆頭に、医療の現場では専門技術を持ったさまざまな人たちが働いていますが、そうした職種の1つに診療放射線技師があります。診療放射線技師は、医療機関が放射線を用いた治療や検査を行う場合、機器の操作やメンテナンスなどを担当する仕事です。最もよく知られているのはX線撮影ですが、他にもCTや血管造影やがん治療など、多種多様な業務に携わります。また、機器操作の専門家であることから、MRIや超音波検査など放射線を使用しない診療業務を行うこともあります。診療放射線技師は国家資格であり、国が指定した大学・短期大学・専門学校などの養成校で3年以上学んだ後、国家試験に合格することで資格を得ることができます。医学から生物学、物理学、工学に至るまでの幅広い知識を習得する必要があることから、最近は4年間かけてじっくり学べる大学の人気が高まっています。さらなる専門学習の機会を求め、大学院に進む人も増えています。診療放射線技師の主な就職先は、比較的規模の大きな病院や診療所です。こうした施設では以前は医師自らが操作を行っていましたが、診療内容の多様化や機器の複雑化が進展するにつれ、スペシャリストである診療放射線技師を専従者として配置する傾向が強まってきています。なお、診療放射線技師は業務独占資格であり、医師及び歯科医師を除いては無資格者が同様の業務に従事することは認められていません。そのため、安定性の高い仕事であると言うことができます。