学校選びが重要

男女

費用を比較する

柔道整復師になるということであれば、専門の教育機関を卒業する必要性があります。指定された学校で3年間、生理学や解剖学について学ぶことになります。その指定された教育機関を卒業することで柔道整復師の卒業資格を得ることが出来ます。教育施設としては、大学、短大、専門学校、各種学校など様々な形態があります。こうした様々な形態があるということは、とても大事なポイントです。様々な状況に合わせて最適な教育機関を選択することが出来ます。柔道整復師の学校は、専門学校だけでも全国に100校以上あるとされています。柔道整復師の学校に通うということであれば、とにかく数多くの教科を学ぶことになると覚悟しておく必要性があります。教科だけではなくて、体を使う柔道が必修となっているところも多いです。生理学や解剖学は必修ということもあり、どの専門学校でも必ず学びます。専門学校は2年制のところも多いのですが、柔道整復師に関しては医療系ということもあり、3年制となっています。4年制大学に組み込まれているところもあります。柔道整復師の学校を選ぶということであれば国家資格合格率で選ぶということも重要です。国家資格に合格しやすい学校はきちんと存在しています。そうした学校は、高い合格率を売りにしていることからホームページなどを調べればすぐに分かります。せっかく学校を出ても国家資格に合格しなければ柔道整復師として活躍していくことは出来ないので合格率はとても大事です。