ウーマン

医療現場で働く技術者

診療放射線技師は、X線撮影やCTなどの放射線を使った機器で診療行為を行う際、操作や管理を担当するスペシャリストです。大学・短大・専門学校で3年以上の専門学習を経たのち、国家試験に合格することで資格を得ることができます。

詳しく見る

男女

学校選びが重要

柔道整復師を目指している人は増えています。就職率も良いです。全国的にもたくさんの学校があるということから費用や国家資格合格率などできちんと選択するということがとても大事です。人気のある資格となっています。

詳しく見る

レントゲン

放射線医学を専門的に学ぶ

現代医療で需要が高まっている診療放射線技師になるためには、国家試験への合格が不可欠です。文部科学大臣指定の大学や厚生労働大臣指定の養成所で必要な知識と技能を修了すれば、国家試験の受験資格が得られます。大学では医学・理工学分野の基礎科目を学んだ後、実習を通じて診療放射線技師に必要な実技も習得できます。

詳しく見る

施術

接骨院や整骨院で活躍

従来から「ほねつぎ」「接骨師」として知られていた資格を、現在では柔道整復師と呼んでいます。専門学校や大学において専門科目を履修し、国家試験に合格することで資格を得ることができます。接骨院や整骨院だけでなく、幅広い分野で活躍しています。

詳しく見る

大学生

専門的な知識や技術が必要

医療関係の職業を将来希望しているなら、診療放射線技師がオススメです。診療放射線技師は医師や歯科医の指導の下でレントゲン撮影や放射線治療を行えます。資格取得には大学等で所定の科目を履修する必要があり、立地や試験の合格率、就職率等を基準に選択して下さい。

詳しく見る

骨折や捻挫治療の専門家

男性

有資格者だけが従事できる

ケガや病気を治す専門家といえば真っ先に思い浮かぶのが医師ですが、実は医師以外にも専門的な治療技術を持ち、法の保護を受けている職種はいくつかあります。その1つに、柔道整復師があります。柔道整復師は、柔道整復師法という法律に基づいた国家資格です。資格のない者が名乗ったり、仕事に従事することは許されていません。柔道整復師はわが国に古来より伝わる手技療法等を駆使して、骨折・脱臼・捻挫・打撲といった主として骨や筋肉などに関わる故障の治療を手がけます。一定の要件を満たした治療行為については、公的保険の適用を受けることができます。医師と同様、柔道整復師には国家資格所有者としてのさまざまなメリットがあります。業務独占資格であるというのは先に述べた通りですが、やはり医師と同じく開業権も持っています。自ら治療施設を経営することで、独立事業者として活躍できます。資格を得るための学習期間は医師より短く、3年ないし4年が原則です。文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した4年制大学・3年制短大・3年または4年制の専門学校に設けられた養成コースで学び、必要な単位を修得した後に国家試験に合格することで得られます。資格取得後は治療施設に勤務し、一定の経験を積んだ後に独立するというのが一般的なコースですが、最近はその専門技術に対する需要の高さから、リハビリテーション医療や高齢者介護、スポーツマッサージなどの分野で活躍する有資格者も増えています。